2022年度第1回seboneまちあるきを行いました

2022年 第1回seboneまちあるき
『まちかどで「たゆたう」』
案内:駒木伸比古(愛知大学地域政策学部 教授)

とき:2022年4月23日(土) 15:00-16:00
ところ:駅前大通り一丁目、駅前大通り二丁目、水上ビル

駒木伸比古を案内人として、豊橋のまちなかを歩きました。当日、配布された冊子には、かつての豊橋駅前の建物や景観の写真、地図が掲載され、実際にまちを歩きながら、現在のまちの建物や景観と見比べることができます。まちなかの現在と過去をいったりきたりしながらお散歩感覚で地域の歴史に親しむことができました。

近年、水上ビルの空き店舗が減少し、新しいお店のオープンしているのが目を惹きます。名豊ビルの跡地にはemCAMPUS EASTやまちなか広場がオープンしました。まちなか図書館は”知と交流の創造拠点”として活躍していると思います。ほの国百貨店や開発ビルの解体工事が進むにつれて、まちの景色も日々変わってゆきそうですね。
貴重な体験をありがとうございました。

Photo by sebone実行委員 上原きみこ、伊藤拓郎
文章:sebone実行委員 伊藤拓郎

——————————–
●第19回とよはし都市型アートイベントsebone
2022年9月3日(土)10:00-17:00、9月4日(日)10:00-17:00
テーマ「たゆたう」
会場:水上ビル 豊橋ビル・大豊ビル、穂の国とよはし芸術劇場PLAT、emCAMPUS、豊橋市まちなか図書館、まちなか広場、Farmers、Cafe&Gateaux knohd、旧中部コイン本店、他
——————————–

カテゴリー: イベント報告 | コメントする

テーマ「たゆたう」についてのテキストを掲載しました

第19回のテーマ「たゆたう」についての実行委員からのテキストを掲載いたしました。
メニューまたは以下のページからご覧になれます。

第19回テーマ

水上ビルの下を流れる水のゆらめき…
まちなかをゆったりと歩くようなテーマとなっています

カテゴリー: お知らせ, イベント告知 | コメントする

第19回とよはし都市型アートイベントseboneの開催について

テーマ「たゆたう」

今年は以下の日程にて、第19回とよはし都市型アートイベントsebone(sebone2022)の開催を目指しています。

2022年9月3日(土)・9月4日(日)

開催準備・当日運営にあたっては、実行委員一同、感染拡大防止につとめます。適時、情報発信していきますので、よろしくお願いします。

カテゴリー: イベント告知 | コメントする

第19回とよはし都市型アートイベントseboneボランティアスタッフ募集

カテゴリー: お知らせ, イベント告知 | コメントする

高校生による大型造形作品プロジェクト「DreamWeaber」募集

カテゴリー: お知らせ, イベント告知 | コメントする

第18回とよはし都市型アートイベントseboneの開催日程決定について

平素は、sebone実行委員会の活動にご理解・ご協力を賜りありがとうございます。

新型コロナウィルス感染症拡大のため延期させていただいていた「第18回 都市型アートイベントsebone」について、以下の日程で開催させていただくことになりました。

2021年12月11日(土)、12日(日)

出展作家や場所などの新しい情報については、決まり次第、順次、ホームページなどにてお知らせいたします。当日、お会いできるのを楽しみにしておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

sebone実行委員会

カテゴリー: お知らせ, イベント告知 | コメントする

第18回とよはし都市型アートイベントseboneの開催延期について

平素は、sebone実行委員会の活動にご理解・ご協力を賜りありがとうございます。

さて、9月3日(金)~5日(日)に開催を予定しておりました「第18回 都市型アートイベントsebone」は、愛知県に発令される緊急事態宣言(8月27日〜)を受け、開催を延期させていただきます。

延期の日程などは未定ですが、感染拡大の状況をみながら、年内の開催を目指しています。新しい日程が決まり次第 改めてご案内申し上げる所存ですので、何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

sebone実行委員会

カテゴリー: お知らせ | コメントする

第18回seboneイベントの告知(第3報)

第18回イベントに出展(アート作品、音楽・ダンス、ワークショップ、まちづくり・まちづくり)する作家情報を更新いたしました。

上記のメニューバーの「第18回(2021年)」からご覧ください。

カテゴリー: イベント告知 | コメントする

第18回seboneイベントの告知(第2報)


第18回とよはし都市型アートイベントseboneテーマ

「ただいま」

—————————————-
ただいま 只今――ただいまに込められた二つの意味
(1) まちが変わる、ただいま(場所まちづくり、まちなか活用)=まちへの想い
・エムキャンパス開館、開発ビル解体など再開発が尚進むただいまのまちを発見し、歩いてみる
(2) アートに出会う、ただいま(創造アート、目指すビジョン)=アートのちから
・文化活動の自粛やイベント中止が尚続くただいまを生きる作家や作品と出会い、触れてみる
・その日その場所を訪れた人にしか味わえない、人とのつながりを感じる瞬間や居場所を目指す
—————————————-

「ただいま」――この言葉は、seboneをひとつの家として考え、作家や実行委員が再び駅前大通りエリアに帰ってきたよという「ただいま」、そして参加する全ての方に安心して「おかえり」と温かく迎えて頂けるような再会(再開)ができるアートイベントを目指そうという気持ちを表しています。
今年は作品テーマというよりも、イベント当日に参加者同士が会場で交わす合言葉のような挨拶、メッセージがあれば良いと思い、願いを込めました。たとえばある日、どこかに出掛けて行って無事に家へ帰ったとき「ただいま」と私が挨拶すると、家の中から「おかえり」と家族の声が返ってくる。なんだか嬉しい気持ちになる安心する言葉ですね。

新型コロナウィルス感染症の拡大にともない、2020年4月7日に、第17回とよはし都市型アートイベントseboneの開催中止を発表せざるを得ませんでした。その後間もなく緊急事態宣言が発令されるなど、2020年は先行きが全く見えない状況が続いていたかと思います。しかし、家のなかで過ごすことも増えて、家族とのつながりを感じるような年でもありました。皆さまも様々な理由や条件で、会いたい人に会えなかったり、行きたい場所に行けなかったりと、もどかしい日々を今も過ごしているのではないでしょうか。文化芸術活動も同様に、イベントの中止や活動の自粛、美術館や劇場など文化施設の休館、映画館やライブハウスも休業要請を受けるなど、大変な年でもありました。

そんななか、2020年3月にドイツの文化メディア担当相モニカ・グリュッタースは「文化は時代が好調な時にだけ許される贅沢品ではない。それを欠く生活がいかに味気ないかを、私たちは今、目のあたりにしている」と述べ、「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ。特に今は」と断言し、大幅なサポートを約束しました。一方、日本でも2021年5月に文化庁長官の都倉俊一が「文化芸術に関わる全ての皆様へ」と題したメッセージを発表し、「文化芸術活動は、断じて不要でもなければ不急でもありません。…(中略)…社会全体の健康や幸福を維持し、私たちが生きていく上で、必要不可欠なものである」と述べました。日々このような状況の中で活動を続けていく大変さを痛感しながらも、動きを止めずに文化の灯火は決して絶やさぬよう守らなくてはいけないと思いました。また昨年から新しい生活様式としてオンラインが普及し新たなコミュニケーションの形が広がった一方で、人間としてのリアルな体験が少しずつ失われていくようにも思います。

まちで人と出会い、顔を見て、向き合って話をする。たまたま手が触れて、目が合う瞬間がある――同じ時間、空間を共有するという、その瞬間に直接的な人とのつながりを感覚として味わうことが出来るのではないでしょうか。最近では人やモノに触れることさえも気を遣う毎日ですが、たとえ直接触らなくても空想の羽を広げてみても良い。その日その場所を訪れた人にしか体験できない、その人が人間らしくいられる瞬間や居場所を作れたら幸いです。

これまで当たり前のように開催に向けて準備してきたイベントが、急遽中止や延期になるのを幾度となく目の前で経験してきました。明日どうなるのかも分からない、今日というただいま(只今)を生きている私たち。今年、2021年は新しい開催方法を検討しながら、まずはseboneの活動ができること、開催に向けた準備ができること、協力してくれる全ての方に感謝し、無事に開催日を迎えるためにも、来場する皆さまが安全に安心して参加できる環境を整えたいと思っています。未来のことは分からないけれど、いま生きているこの瞬間を大切にして、皆さまと一緒に同じテーマと向き合い、sebone2021を楽しめたらと願います。

イベント当日、会場にて皆さまと直接お会いできるのを、心より楽しみにしております。そのときには「ただいま」「おかえり」と声に出して、にっこり笑顔で再会しましょうね。

◆ ただいま 【只今・唯今】 ①今。現時。目下。 ②いますぐ。すぐさま。③ほんの少し前。たったいま。④(「只今帰りました」の略から)帰宅の際の挨拶語。(広辞苑より)
* I’m home. 家に帰ったときに居るはずの家族の姿が見えない場合や、長い間家を離れていた人が戻ってきた場合に使われることもある。Homeは自分が住んでいる場所など、家(house)としての機能に加えて家庭生活のイメージも加わる。
* stay home 外出自粛を呼びかける為のスローガン。不要不急の外出を控えて、自宅で過ごすように呼びかけるもの。

森下かおり(sebone実行委員会)

カテゴリー: イベント告知 | コメントする

7/18 sebone番外編を行います

カテゴリー: お知らせ, イベント告知 | コメントする